公益社団法人 北部地区医師会 北部看護学校|沖縄県名護市

 
   
平成28年度 学校評価
学校評価 結果 ( 32KB )
※↑こちらをクリックするとグラフが表示されます。
 
1.目的
   教育の質向上に向け、教育活動の達成状況を評価し、課題を
 明確化する。
2.評価方法と評価尺度
   「専修学校における学校評価ガイドライン(平成25年3月文部
 科学省策定)」を基に、10カテゴリーで下位項目を220に設定
 し、平成29年1月~2月にかけて実施した(平成26年度に試行
 した評価項目の一部修正・追加)。
  評価尺度は、「1:不十分/水準を満たしていない、2:普
 通/水準を満たしている、3:よい/水準を満たしている」の、
 3段階とした。
  評価は全職員で実施した。
 
3.結果
 
 表1.学校評価  カテゴリー別項目数と平均値

カテゴリー

下位

項目数

評価

項目数

平均

Ⅰ.教育理念・目的・目標

3

13

2.1

Ⅱ.学校運営・管理運営・財政

5

21

2.2

Ⅲ.教育課程・活動

11

68

2.1

Ⅳ.入学・国家試験・卒業対策

5

23

2.2

Ⅴ.学生生活への支援

4

22

2.0

Ⅵ.施設設備

5

23

2.2

Ⅶ.教職員の育成

5

17

1.4

Ⅷ.広報・地域社会活動・国際交流

2

14

1.5

Ⅸ.危機管理

1

8

2.3

Ⅹ.情報管理

1

4

2.1

合計・平均

37

220

2.0

 
    10カテゴリーで、「3:よい/水準を十分に満たしている」
 は、なかった。
  最も平均が高かったのは、Ⅳ.危機管理で2.3、最も低かった
 のは、Ⅶ.教職員の育成で1.4であった。Ⅸ.危機管理に関する
 評価は、下位項目数1、評価項目数8で実施し、Ⅶ.教職員の育
 成に関する評価は、下位項目数5、評価項目17で実施した。
  「1:不十分/水準を満たしていない」のは、Ⅶ.教職員の育
 成とⅧ.広報・地域社会活動・国際交流であった。
 
4.今後の課題
  1) Ⅶ.教職員の育成
   (1) 職場内の研修や、研究活動(授業研究を含む)、臨床研修
            への支援体制の強化や、基本的な授業設計・教育技法
            ど、ーパーバイザーの活用をする。
   2) Ⅷ.広報・地域社会活動・国際交流
    (1) 実習施設や、地域高校への学習会に講師を積極的に派遣
       する。
    (2) 臨地実習指導者とTA(Teaching Assistant)育成研修
             継続と対象施設を拡大する。
      (3) 防災訓練を地域の幼稚園及び障害者施設とのさらなる連携
             を強化する。
 
 

107916
<<公益社団法人 北部地区医師会 北部看護学校>> 〒905-0005 沖縄県名護市字為又1219番地91 TEL:0980-54-1001 FAX:0980-54-3613